the yummiest story of my life

夢のゴールを決める

仕事には納期があります。
上司から仕事を依頼される場合。
「いつまでにこれをやって欲しい」という納期付きです。

納期のない仕事は仕事ではないと言う人もいます。
納期に間に合わすために、1日、1日の作業が決まっていきます。
その納期はタイトできついものから、ゆるいものからいろいろあります。
きつければきついなりに、ゆるければゆるいなりに納期に向かって作業していきます。
納期を間に合わす努力を続けることによって、納期に間に合うのです。

なりたい夢の期日は決めてあるでしょうか。
その夢を実現させるのはいつまでと決めているでしょうか。

仕事の場合、幹部は案件のスケジュールを決めるだけです。
スケジュールが決まるまでは、その案件は動きません。
それだけで、会社はそのスケジュールのゴールにむけて、動き出します。

夢もスケジュールでゴールが決まっていないと動きだしません。
ゴールの日程がきまって、初めて動き始めます。

会社ではゴールが決まって、社員が動き出します。
自分の夢の場合はゴールが決まって、はじめて潜在意識が動き始めます。

会社の仕事の場合、トップの思いの強さが、社員にも伝わり、ゴールに向かっていきます。
自分の夢の場合は、その夢に対する思いの強さが潜在意識に伝わり、ゴールに向かっていきます。

まずは、夢を実現させるゴールを決めましょう。
どういう方法でその夢が実現されるかはあまり心配しないでゴールを決めましょう。

まずは、ゴールを決めることが大事です。
ゴールを決めることでいろいろなものが動き始めます。
もちろん、変更もあります。修正もあります。

とにかく、ゴールを決めることが大事です。
ゴールを決めれば、びっくりするほど、潜在意識が働いてくれます。
社員を信じる社長のように、自分の潜在意識を信じていきます。
そして、ゴールに向けて強い意志を持つことが大事です。

Comments are closed.