the yummiest story of my life

空気は読み過ぎるな!

マイナビニュースに「理想の『空気を読む能力』は何だと思いますか?ランキング」という記事がありました。
最近は使われなくなりましたが、一時期空気を読めない人のことをKYなどと言っていた頃もありました。
KYという言葉によって、日本人特有の“空気を読む”という文化が色濃くなったと思っているのは私だけでしょうか?
色々な人がいる世の中で、そんなに気を遣っていたら自分がなくなるだけなのに、どうして日本人はそんなに空気を読みたがるのでしょうね?

■相手が傷つきそうなことは言わない
私が思うに、こうやって言わないようにするのは日本人くらいかなと思います。
相手が傷つくようなことは敢えて言わないようにするけれど、いないところでは平気で言ってしまうという人がいかに多いことか!
この悪口文化を助長しているのが、SNSによる考えなし発言なのではないでしょうか?
空気を読んでいるようで全く読んでいないのです。
陰で言うくらいなら、直接言ってあげた方が傷が浅いような気がします。

■TPOを考えた発言・行動
先日、旦那とこの発言や行動について白熱した議論を展開しました(笑)。
私達の母親くらいの世代になると、あまりTPOをわきまえないで発言をするようになるという話をしていたのです。
すると、旦那は「女性は大体そう。飲食店でも、自分の気に入らない味に首をかしげるのは川越達也と女性くらいのものだ」と言っていました。
そう言われるとそうかもしれません。
首をかしげるのはみっともないと言われました。
旦那は飲食業界の人間だからそう思ってしまうのでしょうか?
何気なくやっていた行動ですが、少しハッとさせられてしまいました。
とりあえず、女性代表で謝っておきました(笑)。

■相手の行動を予想して動く
仕事においては重要なことでもあるように思いますが、これがかえって仇になることもあります。
予想が外れた時は、かえって「空気が読めてない」と批判されてしまいます。
仕事内容によりけりなのではないでしょうか。

■助けを必要としている人に手を貸す
これはどんな場面においても必要なことだと思います。
助けを必要としているかどうかは、その人をしっかり見ていないと気付けません。
逆に、適当に人付き合いをしている人は「助けを必要としているかどうか」ということも気付かないのだと思います。

空気を読むことは大切ですが、読み過ぎるのもどうかと思います。
人のことばかり気にしていて、自分がなくなってしまうように気を付けたいものです。

Comments are closed.