the yummiest story of my life

Category : 未分類

このサービスは夜間までやってほしい!

かつては夜勤のある仕事に就いていたことがある私。
現在は昼間にしか仕事をしていません。
でも、旦那は夜から早朝にかけての仕事です。
世の中の7割くらいは昼間勤務かもしれませんが、全ての人ではありません。

gooランキングに「夜間にこそ受け付けて欲しいサービスランキング」という記事がありました。
昼間に働くようになった私でも、夜間も受け付けてくれていると有難いのにというサービスは沢山あります。
いえ、昼間に働いているからこそ、夜間の方が有難いということもありますね。

ダントツだったのは病院でした。
夜間診療をしているところもありますが、あくまでも緊急の場合のみになります。
一般診療は平日の午前と午後に限られているので、昼間に働いている人は仕事を休んで行かなければなりません。
病院はむしろ、夜に診療した方が患者のニーズに応えられる気がします。

私はATM以外に用がない銀行ですが、窓口を利用する人も沢山います。
午後3時には窓口は閉まってしまうので、困り果てている人もいますよね?
しかも土日祝日はお休みなので、連休前にはごった返しています。
毎日とは言わないので、週に何日か夜間窓口があってもいいかなと思います。

私の大嫌いなお役所ですが…(笑)。
こちらも夜間に窓口が開いていると有難いなと思ってしまうことがあります。
何に関しても時間の掛かるお役所仕事なので、すぐに動けない時は非常に困ります。
医療や福祉関係と同じように、24時間365日動いてくれていてもいいとさえ思います。
せめて、時間を掛けずに仕事をしてくれれば問題がないのですけどね。

薬局も入っていたのですが、都内だと割と遅くまで営業していますよね?
普通は午後9時くらいまでですが、都心部だと午後11時くらいまでやっているところもあります。
限定になってしまいますが、住んでいる街に一つくらい開いているお店があると助かるかもしれません。

個人的なことですが、宅配便の夜間サービスもあったらいいなと思います。
夜間の宅配は大体午後9時頃で終了してしまいます。
でも、それ以降に帰宅する人も沢山います。
24時間とは言わないので、せめて午後11時くらいまで配達してくれると助かります。
不在通知が入っていても、翌日はまた午後9時まで帰宅していないなんてことも考えられます。
難しいことかもしれませんが、もう少し時間が伸びてくれると有難いなと思ってしまいます。

20代のコイバナ3

女の飲み友達と飲みに行った後、カラオケにも行きました。
2時間機嫌良く歌っていた彼女が帰る間際になって、泣きだしました。

彼女は私と共通の飲み友達の彼から振られてしまったのです。
1回は男と女の関係になった二人ですが、彼は1回だけの出来心でした。
私は、転勤で違う都市にいる彼と会って、彼女の手編みのセーターを渡しました。
そして、彼女の気持ちをもう一度、伝えました。
彼ははっきり言いました。
「このセーターはもらう訳にはいかない。悪いけど持って帰ってくれないか。」

今日はこのことを彼女に伝える為に飲みに来たのです。
カラオケに行こうと言いだした、彼女の誘いを断るわけにもいかず、カラオケにもいきました。
2時間機嫌よく歌っていたのですが、帰る時になって、とうとう泣きだしてしまいました。
こりゃあ、ヤバいなあと思いました。

私はタクシーを呼んで、彼女をタクシーに押し込みました。
彼女の住まいはワンメーターで帰れる距離です。
運転手さんに1000円渡して返しました。

セーフです。ヤバかったです。
あのまま、肩でも抱いていたらヤバイことになっていたこと間違いなしです。

私も最近、付き合っている女性と別れたところです。
そして、彼女のことは決して嫌いではありません。
彼女のことをかわいそうだなとは思っていました。
でも、友達のことを好きだった彼女に恋愛感情は湧きでませんでした。

その後、彼女からよく誘われて、飲みにいきました。
私も彼女がいなくなって、ちょっとさびしかったので、私も飲みたかったのです。

そんなことが3か月ぐらい、続いたある夜、ついに一線を越えてしまったのです。
友達を好きだった女性ということの抵抗は少しありました。
嫌いではないのですが、手放しで好きでもない、微妙な感じでした。

一線を越えてしまった、1カ月後、今度は私が転勤することになりました。

20代のコイバナ

私の20代の恋愛の話です。

茨城県のある都市のショッピングセンターにテナントとして勤めているころの話です。
そのショッピングセンターにはたくさんのテナントが出店していました。
私もそのうちの一つのテナントの店長をしていました。
こういうショッピングセンターでは違う店の店長同士で仲良くなります。

私ともう一人の男の店長と一人の女の店長と仲良くなりました。
3人でお店が終わった後によく飲んでいました。

私はそのころ、付き合っている女の子がいました。
ですから、その女性店長とは全くの飲み友達でした。

しかし、その女性店長はもう一人の男性店長に恋心を抱くようになりました。
3人で飲んでいて、それが手に取るようにわかって、私としては楽しかったです。

そんな風に楽しんでいるとその男性店長が神奈川のある都市のショッピングセンターに転勤になるとのことでした。
それを知った女性店長は動揺を隠せない様子でした。
男性店長はその女性店長の気持ちには気がついていました。

3人で飲んだある晩。
飲んだ後に二人は男と女の関係になってしまったのでした。

女性店長はその後、さらに彼への気持ちは大きくなりました。
彼の方は、ほんの1回だけの出来心でした。

私も男ですから、出来心でそのようになってしまうことは理解できます。
彼のことを責めるだけの資格はありませんでした。
しかし、彼女のことが可哀想だなと思っていました。

彼が転勤して2ヵ月後に私は神奈川に出張することが前から決まっていました。
以前にそのことを彼女には言ってありました。
そのとき、彼と飲む約束をしていることも彼女は知っていました。
2ヶ月で彼女は彼の為にセーターを編みました。
私はそのセーターを渡すことを頼まれてしまったのです。

謙虚さからの確信

確信に必要なのは謙虚さです。
謙虚さを失うとと確信は慢心に変わります。
慢心は没落の引き金です。
現に、失敗した人々を見ると、謙虚さを欠いた、慢心の人が多かったようです。
人の意見を聞かず、自分の意見に固執する傾向があります。

立派な信念か、ただの慢心か、それを見分けるのは、謙虚さがあるか、どうかです。
立派な信念は謙虚に人の意見を聞き、そこから、自然とわき出てくる確信です。
慢心は自分の意見に固執して、他のことに耳を傾けない自分勝手なところから出てきたものです。

経営者はその会社のトップなので、もちろん社内の人は誰も意見しません。
慢心になってしまう、環境が経営者にはそろっています。
だからこそ、謙虚な気持ちを忘れてはいけないのですね。

経営の神様、松下幸之助氏は「謙虚な気持ちでいれば、他人の偉さがわかる。」と言っています。
そして、「自分の部下は自分より偉いなという気持ちになります。」と言っています。
さらに、こう言っています。「部下があかんと思っている間は謙虚であると言えない。」
謙虚であると部下の長所がよくわかり、その部下の用い方もわかってきます。

謙虚さを持つことによって、部下を生かす事ができるようになります。
謙虚さを持つことによって、人の意見もを聞くことができるようになります。
謙虚さを持つことによって、立派な信念を持つことができるようになります。

人は一人では生きていけません。
会社は経営者だけでは成り立っていきません。
従業員の力の結集によって、成功、不成功が決まってきます。
謙虚な経営者によって、従業員が結集して成功することの事例はたくさんあります。

謙虚な気持ちで常に感謝を忘れないのが経営の中では特に大事なようです。

すっぱりあきらめる

相撲がちょっと元気が出てきて、安心しました。
ちょっと前には、不祥事が続き、存続自体まで問題になっていましたね。

ところでお相撲を見ている人なら一度はこんなことを考えたことがあると思います。
「お相撲さんは髷が結えなくなったら引退?」
そのことが心配な薄毛のお相撲さんもいますよね。

調べてみると、お相撲さんは髷が結えなくなった時に引退だという規定はないそうです。
でも、髷が結えなくなると何となく、引退するようになっているようです。
ですから、規定はないですが、髷が結えなくなったら、まず引退という事です。

たとえば、全盛期の千代の富士がある理由から薄毛になり、髷が結えなくなったとします。
ファンからは「千代の富士、やめないで。」という声が多くあるはずです。
でも、相撲協会は、独自の美学から、さりげなく、引退勧告をしてくるかもしれません。

これは、ちょっと切ないですね。
まだまだ、相撲は取れるのです。
そして、強いのです。
しかし、髷が結えないので引退です。

そこで、まずは、あらゆる技術を使って、増毛します。
そして、床山さんの職人としての意地で髷を結ってしまうことはできると思います。
全盛期の千代の富士にこのようなことが起こったら、きっとこうなりますね。

人生にもこれと似た切ない話がありますよね。
力は横綱級。でも、諸般の事情で、そこで活躍できないことってよく聞きます。
こんな時、どうしたらいいのでしょう。

あらゆる努力をしてその諸般の事情を突き破るように頑張ります。
それでも、ダメな時は切ないですが、すっぱりあきらめた方がいいかもしれません。

できることとどうしてもできないことを判断する力は大事です。
どうしても、できないことがわかった場合。
この時はすっぱりあきらめる決断力も人生の中では大事なのだと思います。

失ってはいけないものは少ない

失うことは怖いことです。
人間は得ることより、失うことにすぐ反応するそうです。

たとえば、真夜中に「今から車を抽選で1台プレゼントしますから集まってください。」
このような電話があった場合、疲れているから行かないと断る人も多いと思います。
(私は、すぐにかけつけるたいぷですが・・(^―^))

ところが真夜中に「あなたの車が盗まれそうです」と言う電話があったとします。
すぐに起きて飛んでいきますよね 。
私の事でいろいろなことを考えてもやはり「得ること」より「失うこと」にすぐ反応してしまいます。

失うことは本当に怖いことです。
でも、現代の物質優先の時代では失いたくないものが多すぎるような気がします。
昔の物質的にあまり恵まれていないときは失いたくないものはそれほど多くなかったはずです。

自分にとってどうしても失いたくない大切なものってなんでしょう。
本当はそれほど大切なものはたくさんはないはずです。

物質的に恵まれている今、あれもこれも失いたくないと思うようになっているかもしれません。
家の中にはたくさんのものがあります。
本当に捨てられないものはどれでしょう。

私は引越しで荷物を半分にしなくてはいけないときがありました。
本気で1週間よくよく考えました。
覚悟が決まった時、半分の物を捨てることができました。
この時に本当に大切なものは何かを考える訓練ができました。
物でも失うことに1週間は悩みます。

物以外で本当に大事なものは何でしょうか?
本当に命をかけて守らなくてはいけないものはほんのすこししかありません。
私は本当に守らなくてはいけない大事なものは地位でも立場でもありません。
本当に守らなくてはいけないのは家族だけです。

引越しで荷物を捨てることに悩みながら、家族の事を考えました。

まずはすぐやりましょう

なんでもすぐやってくれる女子社員がいました。
私が頼むと自分の仕事は後回しにしてすぐにとりかかってくれました。
あっという間に「終わりました。」と頼んだ書類を持ってきてくれます。

私としてはとても嬉しかったです。
そして、スピードというものがどれほど大事か22歳の女の子に教わりました。

私はこの22歳の女の子のように、すべての仕事を早くすることにきめました。
私の仕事は質が凄く高いわけではありません。
たくさんの量をこなす事が出来るわけでもありません。

それでとにかく、早くすることにしました。
通常3日ぐらいかかる仕事を次の日には終えて、上司に報告することにしました。
とても、上司は喜んでくれました。
私が女の子にしてもらって嬉しかったのですが、上司も同じのようでした。

早い時は言われた5分後にはやり終わって報告するほどです。
クオリティーの高い仕事は なかなかできません。
頼んだ上司が思い描いている時間よりとにかく早くやることだけを心掛けました。
自分の仕事は後で残業すれば終わります。
自分の仕事は放りだして上司の頼まれたことに全力を注ぎます。

早く、報告するとクオリティーが高くなくても、それがたたき台になって、物事が早く進みます。
1週間後に報告して、物事が動き出すのと、次の日に報告して、動き出すのでは全然結果が違います。

仕事以外でも早く、するとよいことがたくさんあります。
後回しにしないですぐやることを私生活でも守るようにします。
これを私生活で習慣にします。私生活ですぐやることを訓練するわけです。
今までとは違う結果がいろいろ出てくるようです。

スピードは能力のあまりない人間がアピールできる穴場です。
まずはすぐやりましょう。

別れ際の最悪の言葉

付き合った女の子と別れたことが3回あります。
1回は私の方から別れ話を切り出しました。
2回は女の子の方から、別れ話を言われました。

別れ話を言われた時、女々しくならないようにしました。
かなりのやせ我慢で、別れて、一人になった時はめそめそしていました。
でも、女の子の前ではそんな姿を決して見せず、いい人を保つのに必死でした。

別れ際は大事です。
そこには、男の美学もあります。
「いままで、付き合ってくれてありがとう。楽しかったよ。」
こんなかっこいい言葉で別れたいですよね。

逆に別れ際にこんなことを言われたら、女の子としては嫌だろうなあと思う言葉があります。
このような言葉を使わないように私たち男性は充分注意しないといけませんね。

まずは何度も土下座しながら「お願いだから、別れないで。」
こんな情けない姿をみたら、女性としてはよけいにきらいになりますよね。
もし、これでよりがもどっても、うまくいくのでしょうか?疑問です。

泣きながら「オレの何がいけなかった?」
これも女々しすぎて、ほんとうにがっかりしますよね。
そんな女々しいところがきらいです、といってやりたいですね。

「別に元から好きじゃなかった。」
この負け惜しみも無様です。
器の小ささが出てしまいます。
女性の心がますます離れてしまうでしょう。

往生際が悪いのが「じゃあ友達になってくれる?」
この男の執着心に女性は引くばかりです。
こんなことをすぐ言う人は友達でも嫌ですよね。

「プレゼントやおごったメシ代返して」
こんなことを言われたら、別れて正解だったと女性は再確認しますよね。
金にセコイというより、器が小さすぎます。

このような見ていて悲しくなるような言葉は使わずに、別れ際は頑張りましょう。
女性に「いい人だったな」と思わせるくらいやさしくするほうが、かっこいいです。

遠距離恋愛を長続きさせるには

私は今の妻と遠距離恋愛時代が半年ほどありました。
この遠距離恋愛時代はいろいろなことがありました。
今では、本当にいい思い出です。

世の中には私たちと同じように遠距離恋愛をしている人は多いのでしょうか。
みんな、どのようなことに気をつけているのでしょうか。
いろいろ調べてみました。

まず、現実的な問題は、「時間」と「金銭面」です。
この二つの大きな問題があるので、遠距離恋愛は大変なのです。
遠距離にいる恋人に会うためには時間が必要です。
そして、交通費などのお金も必要です。
この物質的なハードルを越えるためにはまず、あまり無理をしないことですよね。

無理をすると続かなくなって、結局は別れることになってしまうかもしれません。
時間やお金をしっかり管理します。
そして、できる範囲で会いにいけるように計画を立てていきます。

私はその計画をきちんと決めました。
1カ月に何回、会いにいくかを決めて、お金がどれほどかかるかをきちんと計画しました。
月に2回、東京から関西に会いにいきました。交通費で月に5万円ほどかかりました。

次に精神的な問題としては「寂しさ」や「不安」といった気持ちをどうするかです。
寂しさや不安から、ついつい嫉妬や束縛をしがちです。
でも、それが一番良くないのです。
それが相手の重荷になってしまいます。
嫉妬や束縛が愛情ではありませんよ。
嫉妬や束縛をしない為には、依存心を捨てることです。
そして、精神的な自立を目指すことです。

会えない時間は1人の時間を楽しみましょう。
勉強するなり、習い事をするなりして自分を磨いていきましょう。
1人の時間を楽しめないと遠距離恋愛は続きません。
1人の時間をたのしんでいるからこそ、むしろ関係がうまくいきやすいと思います。

遠距離恋愛だからこそ、より深い愛情を育んでいきたいですね。

保育士さんは男性に人気

保育士さんが好きな男性は多いですよね。
男性の「恋人にしたい職種」として人気が高いようです。
そして、男性は合コンの相手が保育士さんと聞くとテンションが上がるようです。
その理由がたくさんありました。

まずは子どもが好きで家庭的な感じがするからという理由です。
純粋な園児たちとの触れ合いエピソードが聞けるようです。
男性も普段は味わえない癒しを感じる事ができますね。

また、子どもみたいなわがままを言っても甘えさせてくれそうですよね。
甘え願望のある男性は大喜びです。

薄化粧で爪が短いなど清潔感がありますよね。
ナチュラルメイクで清楚に見えます。
飾り気のない保育士さんはきちんとした女性に映ります。

男性と出会う機会が少なく遊んでなさそうな感じもしますよね。
異性との出会いが少ない職業なのが心配性の男性には安心感を与えるようです。

また、子どもたちと遊び回っているから元気です。
ハツラツとした明るい印象も魅力的に映ります。

「うがい手洗いした?」などきちんと健康管理もしてくれそうです。

また、話が下手でも理解する努力をしてくれそうです。
トークに自信がない男性も保育士さんには気負いなく話ができるようです。

道端の花などを見つけて喜びを感じるような優しさがあります。
なんでもないことでも子どもと一緒に一喜一憂していて、純粋な印象があります。

悪いことは優しく叱ってくれそうだからという理由もありました。
「そんなことしたらメッ! だよ」と言われたい男性もいました。

保育士さんがいいという理由の中にはかなり草食的な理由もありました。
50代の私には、ちょっと情けないような理由が多かったですね。

純粋で飾り気のない保育士さんをぜひ、守ってあげて欲しいものです。